胎教・母親学級

胎教音楽はなにがよいか

妊娠中にクラシック音楽を聴くと、胎児にとってもよいといわれます。胎教音楽というものもいろいろ市販されています。私はロックやジャズが好きですが、胎教によくないのでしょうか。

回答者

木村 好秀
日本保健医療大学客員教授

胎教は、妊娠中のプレママの心構えであり、音楽を聴くこととは本来的には直接には関係ないかもしれません。
しかし、クラシック音楽の中でもたとえばモーツァルトの作品はそれを聴いて気持ちが穏やかになり、ゆったりした気分に浸ることができます。
心臓の拍動は落ち着き脈拍は一定となり、血圧も安定します。
このような心地よい状態下では、血管は十分に開いて血流は豊富となり、胎盤を介して酸素や栄養素が赤ちゃんに十分運ばれ、赤ちゃんの発育に役立つものと考えられます。

しかし、ママが興奮したり感情や気分に大きな変化を与えるような、不協和音や速いテンポの音楽では、しばしば脈拍数は増え、血圧も上下することがあり、胎教で期待される効果の得られないこともあると思われます。
もちろん、音楽は好みの問題もありますので、ロックやジャズがいけないとは一概にはいえません。

同時期によく見られている質問

戻る