病気の管理

妊娠と子宮筋腫

妊娠したので病院に行ったら、鶏卵大くらいの子宮筋腫が2つあるといわれました。流産の危険があるかもしれないとのことですが、妊娠中早めにとったほうがいいのでしょうか。

回答者

住吉 好雄
横浜市立大学医学部産婦人科客員教授

平原 史樹
横浜市立大学大学院医学研究科生殖成育病態医学教授

妊娠に子宮筋腫を合併する場合、子宮筋腫の大きさ、部位、変性の有無などによって妊娠中に子宮筋腫だけを摘出する手術(筋腫核出術)をするかどうかを決定します。
妊娠の継続が望めそうもない大きな筋腫や、循環障害、ひいては栄養障害のため筋腫の変性が起こり、局所症状(疼痛)の見られる場合には核出術を行う場合があります。

お話では鶏卵大くらいの子宮筋腫が2つあり、流産の危険があるとのことですね。
筋腫ができている場所によっても異なりますが、一般にそのまま様子を見ている場合、流早産、胎児発育不全、帝王切開率などの上昇がみられることが報告されています。
妊娠中の筋腫は、特別な場合(出血の原因、変性による疼痛など)以外は摘出することはありません。
現在では超音波診断でほぼ正確に筋腫の大きさ、部位を確かめることが可能であり、たとえ筋腫があっても妊娠にはなんの影響も与えず経過する場合もありますので、主治医にまかせてその指示に従われればよいかと思います。

(参考文献)産婦人科の実際36;7筋腫合併妊娠の分娩時期と分娩方法、p.953~959、住吉好雄

同時期によく見られている質問

戻る