病気の管理

気管支ぜんそくの胎児への影響

妊娠前から気管支ぜんそくで、妊娠後はさらに症状が悪化し、毎日薬を飲んでいます。ときどき強いせきの発作が起こるのですが、赤ちゃんへ届く酸素の量が減ったりしないか心配です。また、ぜんそくは子どもに遺伝するのでしょうか。

回答者

中林 正雄
愛育病院院長

気管支ぜんそくで呼吸困難となり血液中の酸素濃度が低下すると、胎児にも影響しますが、せきの発作程度ではあまり心配ありません。
しかしおなかが大きくなるとひどいせきは苦しいですし、また腹圧もかかるので、薬を増やすか、変えるのもよいかもしれません。内科と産科の医師に相談してみてください。

妊娠すると、必要以上に薬の影響を気にする人がいて、自分で薬を中止したり減らしたりする人がいます。
気管支ぜんそくの薬は胎児に対して悪影響は考えられません。
ぜんそくの発作で低酸素血症を起こすほうがずっと胎児の成長に影響しますので、薬は決められたとおりに服用しましょう。

産科でよく使用される子宮収縮剤のうち、ぜんそくの人には使ってはいけないものがあります。
病院のカルテには書いてあるはずですが、入院時には医師や看護師に確認しておきましょう。
ぜんそくについてはっきりした遺伝傾向は認められていませんが、アレルギー体質が遺伝することもあるようです。

同時期によく見られている質問

戻る