病気の管理

貧血といわれたが薬は飲みたくない

先日の診察で、貧血だから薬を飲むようにいわれました。できるなら、薬は飲みたくないのですが。

回答者

住吉 好雄
横浜市立大学医学部産婦人科客員教授

平原 史樹
横浜市立大学大学院医学研究科生殖成育病態医学教授

妊婦の20~30%に貧血が見られるといわれ、妊婦は一般に貧血の傾向を有することはよく知られています。
妊娠時には母体の鉄が胎児の鉄の源泉となり、鉄は胎盤を通過して一方通行的に胎児に輸出されます。
胎児の鉄の要求はきわめて旺盛で母体の鉄摂取が不十分なときには、母体の貯蔵鉄が動員されて胎児に移り、その結果母体の鉄量の不足が生じ鉄欠乏性貧血を招来することになります。

治療は食事の改善、すなわちたんぱく質、鉄に富み、ビタミンB12・C、葉酸などを多く含む食物を摂取することが必要ですが、とくに鉄剤の補給が必要になります。
母体の鉄の欠乏はついには胎児の鉄欠乏を招くことになり、正常な発育が障害されます。
妊婦の貧血は分娩時微弱陣痛が起こったり、出血量の増加、子宮の収縮不全や産褥感染症の誘因の一つにもあげられています。一日も早く貧血を改善してください。

(参考文献)現代産科婦人科学大系18妊・産・褥婦の偶発合併症、p.137~142

同時期によく見られている質問

戻る