病気の管理

卵巣嚢腫が見つかった

妊婦健診の際、超音波検査で右側に鶏卵大より少し大きい卵巣嚢腫が発見されました。妊娠中でも手術をして取ったほうがよいのでしょうか。

回答者

住吉 好雄
横浜市立大学医学部産婦人科客員教授

平原 史樹
横浜市立大学大学院医学研究科生殖成育病態医学教授

妊娠初期の卵巣嚢腫には中期になって小さくなりわからなくなるもの(ルテイン嚢腫)もあります。
しかし鶏卵大より大きい卵巣嚢腫では消失することはまず望めないものと思われます。

妊娠子宮が大きくなってくると、卵巣嚢腫の茎捻転といって卵管・卵巣固有靭帯等が突然ねじれて血流障害と激痛を起こす原因となり、痛みによるショックのため緊急手術となる可能性が高くなります。
したがって、6cm以上の大きさ、とくに10cmを超える場合は主治医と相談のうえ、胎盤完成後の安定した時期(12週以降)に摘出術を受けられたほうがよろしいかと考えます。

同時期によく見られている質問

戻る