ウィルスや感染症

B型肝炎の精密検査と治療

妊婦健診を受けた際、B型肝炎の抗原が陽性のため、さらに精密検査を受けることになりました。どういう検査で、その結果どうすればよいのかとても心配です。

回答者

中林 正雄
愛育病院院長

B型肝炎は母子感染する疾患ですが、その予防方法はもうすでに確立しています。
B型肝炎ウイルス抗原陽性といっても、精密検査によって新生児や他人への感染力が強いか弱いかがわかります。
感染力の弱いタイプであれば、まったく通常と同じ生活でよいし、感染力があることがわかれば新生児にγ-グロブリンやワクチンを生後すぐ投与することによって母親からの感染を防ぐことができます。
こういうことは医師が必ず説明しますので心配しすぎないようにしましょう。

ただB型肝炎抗原陽性ですので、母親自身が肝炎にかかる可能性は残りますので、年1回程度の肝機能検査は今後必要です。

また、授乳はまったく差し支えありません。ただ血液を介しての感染の可能性はあるので、自身の血液の始末はきちんとしてください。また献血はできません。

同時期によく見られている質問

戻る