運動

安産とスポーツ

若いときにスポーツをやっていた人は、安産するという話を聞いたことがあります。私はスポーツはあまり得意ではありませんでしたが、スポーツと安産は関係があるのでしょうか。

回答者

木村 好秀
日本保健医療大学客員教授

昔は妊娠中にスポーツを行うなどはとんでもないと考えられておりました。
わが国でも本格的に妊婦のスポーツについて研究されたのはここ三十数年来のことで、1970年代から日本医科大学産婦人科の室岡一教授らの精力的な研究により妊婦水泳が研究され、その安全性や意義が明らかになってきてからです。
その後、しだいにマタニティー・エアロビックダンス、ジョギング、ウォーキングなども行われるようになって現在に至っております。
妊婦スポーツの目的は、継続的なスポーツにより運動不足の解消、肥満の予防、気分転換、妊婦同士の喜びや悩みの共有などが考えられます。
そして、妊婦がからだを動かすことで体力の維持や持久力の獲得が期待できます。さらに、妊婦水泳では呼吸法や補助動作なども取り入れられており、これらが妊婦への達成感につながり、その結果自信を持って出産に臨めるようになるのだと思います。

妊娠中にスポーツを行った妊婦はマタニティー・ライフをイキイキと過ごすことができるようになるようです。
お産は分娩予定日を過ぎることが少なく、分娩時間も短縮傾向が見られ、安産になる傾向があるといわれております。
私の調査では、妊娠経過中にスポーツを行おうとする妊婦の性格的な背景が、出産をポジティブにとらえるようになり、結果的に安産につながるのだとも考えられます。

同時期によく見られている質問

戻る