運動

妊婦体操について

妊婦体操の必要を聞かされましたが、仕事を持っているので講習も受けられません。独習できますか。日常生活の中で応用できるような体操で、気軽にできるものがあったら、ぜひ知りたいのですが。

回答者

木村 好秀
日本保健医療大学客員教授

妊娠中の運動の可否は一概には決められませんが、一般的には妊娠前から行っていた運動は一部の例外を除いて差し支えないといわれています。
従来は、家事とその他の日常の仕事を行うだけで妊婦の運動はほぼ十分でした。
しかし、現在では集合住宅化、家事の合理化と交通が便利になって、乗用車が普及し、多くの妊婦は運動不足になりがちとなっています。
運動不足により体重の増加、体力低下が生じ微弱陣痛やいきみがじょうずにできなかったりします。
妊娠にともなう体重増加に耐え、分娩時の大きなエネルギーを生みだすためにも適当な運動は積極的に行うべきです。

しかし、妊娠による身体的変化を考慮して乗馬・跳躍・登山・ゴルフ・球技など靱帯を激しく動かしたり、関節に負担のかかる動きや、強く腹圧をかける運動は避けるべきです。
そこで妊娠16週以降で瞬発力を必要とする運動や、関節の深い曲げ伸ばしを避け、心拍数は130/分くらいまでとし、激しい運動内容は15分以内を原則とします。
それにはまずウォーキングが始めやすいと思います。

同時期によく見られている質問

戻る