見守りたい健やかな成長

赤ちゃん言葉を使ってよいか

ワンワンやブーブーと赤ちゃん言葉を使わずに最初からイヌ、自動車と教えたほうがよいといわれたのですが、どうでしょうか。赤ちゃんにはやはりいいやすいような、かわいらしい言葉のほうがいいように思うのですが。

回答者


井口 由子
(財)児童育成協会こどもの城小児保健部部長

子どもは、1歳になると急速に言葉を覚えていきます。
初めは、自分が体験したとおりの感覚的なイメージがものの名前として身についていくのです。
イヌだったら、「ワンワン」という鳴き声を聞いてそれがイヌのイメージになります。
車だったら、走る音をあらわす「ブーブー」というのが印象に残ることが多いようです。
イヌや車の実物を知らなくて大人が教えてあげる場合でも、実際に見聞きするときの感覚に近い呼び方が子どもにとって入りやすいでしょう。

また、発達の過程で発音のしやすい音としにくい音があります。
「ママ」(mの音)、「パパ」(pの音)、「ブーブー」(bの音)などは、乳児期から発音しやすい子音なのです。

ですから、最初は、いわゆる「赤ちゃん言葉」で言葉を覚えていくのが、自然な道すじです。
その後成長するにつれて大人から本来の言葉の発音を聞き、まわりのものの意味を理解するようになり、自然に「ブーブー」は「くるま」ともいうのだとわかっていきます。
大人も安心して、まずは子どもとのやりとりをいっしょに楽しんであげるといいと思います。

同時期によく見られている質問

戻る