家庭でのケア

かぜをひきやすい子

とてもかぜをひきやすく、すぐ高熱を出し、ひどいせきが出ます。
かぜをひかないようにはできませんか。

回答者

平山 宗宏
日本子ども家庭総合研究所名誉所長

生後6か月ごろまでは、胎盤を通してママから免疫抗体をもらっていますから(母子免疫)、ママが抗体を持っていた感染症にはかからないですみます。
しかしこの抗体はやがてなくなってしまいますから、その後は予防接種を受けるか、自然に感染を受けるかして自分で免疫をつくっていかなくてはなりません。
そのころから赤ちゃんは外に出たり、ほかの子どもと遊ぶ機会が増えてきますから、かぜの仲間の感染症にかかるチャンスも増えてくることになります。

かぜの大部分は感染症で、その多くはウイルスが病原体で、その種類は百以上知られています。
また、かぜのうつり方は飛沫感染なので、かぜをひいている子の近くにいるだけで、あるいは人込みにいるだけでうつってしまいます。
とくに保育所や幼稚園に入って集団生活を始めた最初の年は、友だち同士でかぜのウイルスをやったりもらったりするかたちになるので、毎週のようにかぜをひくことになり、うちの子はかぜをひきやすいと心配なさるママが多くなるのです。
しかし2、3年して多くの病原体に対する免疫を獲得してくると、かぜをひく機会もめっきり減って、うちの子もじょうぶになったと安心するようになるのがふつうです。
かぜの仲間の感染症の中でとくに怖い病気のはしかや百日ぜき、ジフテリアなどには予防接種がありますからぜひ受けて予防しなければなりませんが、病原体の種類が多すぎてワクチンがつくりきれません。

したがってかぜを防ぐことは不可能ですが、かかってもなるべく軽くすませるように、ふだんから体力をつけておくことは大切です。
そのためには、寝不足しない、栄養が偏らないように気をつける、薄着の習慣をつける(自律神経の調子をよく保つのに有効です)ようにしましょう。
38℃以上の熱が出たり、せきがひどいときは、小児科医の診察と治療を受けてください。

同時期によく見られている質問

戻る