食べ物

インスタント・レトルト食品の影響

産休に入るまではふつうどおりのペースで働くつもりなので、帰りもおそく、疲れるとついついインスタント食品を利用したり、できあいの食材を買ってしまったりします。レトルト食品もよく利用します。具体的になにかおなかの赤ちゃんに悪影響はありますか。やはりやめるべきでしょうか。

回答者

木村 好秀
日本保健医療大学客員教授

最近は仕事を持つ女性が増加して、インスタント食品やレトルト食品で調理を省いた食事をされる方が増加しています。
仕事を持つ女性にとって時間は貴重で、どうしても家事の時間を節約しなければならないことが多くなり、そのため、調理の時間にしわ寄せがきてしまいがちです。
一般に、インスタント食品やレトルト食品は味が濃く、食材の種類が限られておりしばしば食品添加物が用いられていることがあります。
そのため、それらの食品を多用した食生活をしていると妊娠中に必要な栄養素が不足することがあります。
また、それらの濃い味つけに慣れてしまい知らず知らずに食塩の多い食事となり、妊娠高血圧症候群の原因にもなります。
重症妊娠高血圧症候群になれば赤ちゃんにも影響することがあります。
そこで、妊娠中はパパにも協力してもらいバランスのよい食事をとるようにし、どうしても時間がとれない場合には、インスタントやレトルト食品をじょうずに利用するようにしましょう。

同時期によく見られている質問

戻る