見守りたい健やかな成長

ひとり歩きができない

一人でつかまり立ち、つたい歩きはしますが、いっこうにひとり歩きをしません。足が1歩だけは出るのですが、すぐにおしりをついてすわってしまいます。体重も身長も標準以上ですが、運動機能の発達がおくれているのでしょうか。

回答者

吉田 弘道
専修大学人間科学部心理学科教授

一人で、つかまり立ち、つたい歩きができるということですので、1歳2か月という年齢から考えて、運動機能の発達がおくれているということはないと思います。
身長、体重の発育は順調ですので、このまま動き回っているうちに、いまの1歩から、2歩、3歩と足が前に出ることと思います。

ちょっとお子さんの様子を見てほしいのですが、つたい歩きをするときには、つかまるものの側におなかが向いていますか。
それとも、横腹が向いていて、胴体がそのものから離れていますか。
もしも、横腹が向いていて、胴体がそのものから離れており、腕も伸びてつかまっているようでしたら、手を離して歩きだすことももうすぐじょうずにできるようになるはずです。

手をつないで歩くということはもうされていることと思いますが、そのほかに、この時期には大きな箱のようなものを押して前に進むことが好きなお子さんもいますので、そんな方法も試してみると足を前に出して歩く練習にもなります。
以前には歩行器を使うお宅もありましたが、いまはあまり使われないようです。
いずれにしても、順調に発達しているわけですから、あせらずに楽しみながらお子さんに接していきましょう。

同時期によく見られている質問

戻る