育児用品を選ぶ

トレーニングパンツでしつける

おしっこのしつけをするころにはかせるとよいというトレーニングパンツとはどういうものでしょうか。

回答者

加藤 忠明
国立成育医療研究センター成育政策科学研究部部長、日本子ども家庭総合研究所客員研究員

おしっこが少しもれただけなら、それを吸収できるように股の部分だけ布が重ねてあるパンツです。
排泄のしつけを開始しやすい1歳半ころ、比較的暑い季節であれば、おむつとズボンの代わりに、トレーニングパンツのみをお子さんにはかせて、排泄をしつけることもあります。
ただし、寒い季節には下半身が冷えますので、よほど暖房の整備された家以外、トレーニングパンツのみでは使用しません。

大量におしっこをした場合は、パンツから尿がもれて親もすぐわかります。
「ここでおしっこしたらバッチイよ、おかしいよ」などといって態度で示せば、子どもなりに少しずつしてはいけないことがわかります。
また、お子さんがおしっこを少しちびっていても、がまんしている様子なら、お子さんをおまるに乗せたり、お手洗いに連れていって排泄させることができます。

もし、うまく排泄できたらほめてあげてください。
子どもは自信がつきますので、排泄のしつけが成功することもあります。
しかし、失敗してもお子さんを怒らないでください。
子どもは怒られると、「おまるやお手洗いは怖い」との印象を持ちますので、うまくしつけられません。

同時期によく見られている質問

戻る