離乳食の進め方・食育

離乳後の食事の注意

離乳もだいたい完了しました。子どものこれからの食事について、その標準的な食事時刻、食事量、栄養素の配分、食品の選び方などについて教えてください。

回答者

竹内 恵子
和泉短期大学非常勤講師

やっと家族揃っての食事が楽しめるようになりましたね。
それは、これからますます家族の食事が、じかにお子さんの食生活に反映されるのだということでもあります。

さて、食事時刻については大人に合わせて朝・昼・夕の3回、ただし極端に早かったり遅かったりする場合は調整してあげてください。

一食の目安として、たんぱく質源としては卵なら1個、ビタミン・ミネラル源としては野菜・海藻または果物を60~80g、エネルギー源としてごはんなら子ども茶わん1杯、脂質としては油やバター・マーガリンを適宜お料理に使うようにします。
そして、食事と食事との間で1日1~2回の間食を入れますが、カルシウム源としての牛乳150~200mlに果物や軽い菓子を添える程度で十分です。

食材については、もうほとんど大人と同じものが使えるのですが、引き続き衛生面ではとくに注意が必要です。
また塩分や甘みに対する配慮も必要で、干物やベーコンあるいはジャム等はできるだけ薄味で、なおかつ添加物の少ないものを選ぶようにしましょう。
食生活に対するこのような姿勢は、家族全員の健康につながるはずです。

同時期によく見られている質問

戻る