見守りたい健やかな成長

知育玩具の月齢基準

いろいろ知育玩具が出回っており、それぞれ目安となる月齢が書いてありますが、いつも自分より月齢の低いものをほしがります。気にする必要はないといわれますが、どうもおくれがあるのではと心配になります。

回答者

衛藤 隆
日本子ども家庭総合研究所所長

実際の月齢と、興味を持つ知育玩具の目安の月齢が違うからといって、発達が遅いか、早いかを心配する必要はありません。
知育玩具の目安の月齢は、子どもの発達を観察して、それにもとづいて設定されていますが、子どもはどの発達段階にあろうと、興味があるもの、好きなもので遊びます。
知育玩具といってもおもちゃであり、あくまでも遊びの道具なのです。

むしろ、実際の月齢に知育玩具の目安の月齢が合わないというのは、もしかしたら知育玩具の完成度のほうが低いということなのかもしれません。
目安の月齢にはあまり厳密な規準はなく、まったく子どものことを知らない人が、おもちゃをプレゼントするときなどに参考にする程度の目安と考えたほうがよいと思います。

このように理解したうえで、発達のおくれが気になるのでしたら、健診のときやかかりつけ医に相談してはいかがでしょうか。

同時期によく見られている質問

戻る