家庭でのケア

発熱時の入浴

きのう熱を出し、現在は37.3℃まで下がっています。
おふろに入れても大丈夫ですか。
また、発熱時に入浴してはいけないというのはなぜですか。

回答者

横谷 進
国立成育医療研究センター生体防御系内科部部長

発熱しているときに入浴を避けたほうがよい最大の理由は、体温調節の問題だと思います。
いつもの元気な状態では裸になり(寒い)、浴槽に入り(熱い)、浴槽から出る(寒い)ことの変化は問題ありません。
しかし、発熱時には外界に合わせた体温調節ができないので、体温がひどく変動してしまいます。
とくに、浴槽につかることで体温がさらに上がる危険があります。
そして、発熱中の入浴はとても体力を消耗させます。
成人なら、熱が出ているときに入浴したくないのは、こうしたことがわかっているからでしょう。
もちろん、病気がよくなって体温も下がって安定してくると、今度は入浴したくなります。
子どもではそのタイミングを親が判断してあげることになるので、迷うことも多いでしょう。
ふつうには、平熱になっていて元気であったら大丈夫、と考えて入浴させます。
その結果を見て翌日にまた入浴してよいか判断します。

お尋ねの状況だと、入浴させるかさせないかは一つの答えにまとめられないと思います。
病気はまだ続きそうか(発熱の原因によります)、平熱はどれくらいか、子どもの元気さはどうか、あるいは入浴をいやがっていないか、などを考慮して判断する必要があります。

同時期によく見られている質問

戻る