家庭でのケア

解熱剤を飲ませる目安

平熱が高くて常に37℃以上あります。
熱を出すときもぱあーっと38.5℃くらいまで上がるのですがいつも元気にしています。
こういう子は何度くらいで解熱薬を使うべきですか。
元気にしているうちは使わなくてもいいでしょうか。

回答者

横谷 進
国立成育医療研究センター生体防御系内科部部長

初めに、平熱のことです。
平熱は一人ひとり違いますので、元気なときに何回か朝夕に体温を測って、平熱を知っておくことは大切です。
お尋ねのお子さんではいつも37℃以上であるようですが、乳幼児では珍しくありません。

子どもは、一般に発熱があっても元気です。
さすがに、38.5℃以上になるとぐったりしたり、食欲がなくなったり、不機嫌になったりする子どもが多くなりますが、けっこう元気な子もいます。
そういう場合は、38.5℃以上であるからといって解熱剤を使う必要はありません。
解熱剤を使う目的は、子どもを楽にさせることにあります。
発熱のために辛そうでなければ、解熱剤は使わなくてよいと思います。
また、熱を下げることによって水分摂取をすすめて脱水状態にならないようにすることも考えてよいと思いますが、体温だけにこだわらないことです。
何度になったら必ず解熱剤を使わなければならない、ということはありません。
解熱剤だけが熱を下げる方法ではなく、からだの中心に近いところ(首や腋)を冷やすこと(クーリング)も有効なので、解熱剤を使う前にそちらを試みてはどうでしょうか。

同時期によく見られている質問

戻る