気がかりな症状と病気

鼻血の止血の仕方

先日鼻血を出しました。
すぐ止まったのですが、耳鼻科に行ったほうがよいですか。
鼻血が出たときは、どうやって止めるのがよいのでしょうか。

回答者

加藤 忠明
国立成育医療研究センター成育政策科学研究部部長、日本子ども家庭総合研究所客員研究員

鼻の入り口に近いキーセルバッハ部位といわれるところは、粘膜が薄く血管の保護が少ないうえに外傷などを受けやすいので、鼻血を出しやすい場所です。
ことに子どもは、自分の手で鼻をいじったり、眠っているときに鼻くそが乾燥して、その部位を傷つけたり、また、かぜをひいて粘膜が弱くなっているときに鼻血を出しやすくなります。
すぐ止まれば心配ありませんが、なかなか止まらない場合は耳鼻科へ、ほかにも出血症状が見られれば小児科を受診してください。

鼻血が出たときは、安静にして、鼻への刺激を避け、局所を冷やすとよいでしょう。
年齢の大きい子どもの場合は、ガーゼやティッシュを鼻に入れたり、鼻を圧迫して止血したり、鼻をいじらないようにいい聞かせたり、安静にさせることもできます。
しかし、2歳のお子さんは、鼻に入れたものはいやがって、自分で取ろうとしますし、かえって興奮して安静を保てなくなりやすいものです。
鼻血を出しても周囲の人たちがあわてず、鼻から出ている血を濡れたタオルなどで、簡単にとれる範囲でふきとり、涼しいところで静かに遊ばせるとよいでしょう。

横になった姿勢ですと、鼻血はいったんは止まることが多いのですが、鼻の中でかたまった血が粘膜を傷つけて、また鼻血が出やすくなることもあります。
無理に寝かせないで、鼻から血を外に出させて、自然な止血作用が働いて鼻血が止まるのを待つほうがよいようです。
鼻血は、一見多量に見えても、数分以内に止まれば心配するほどの量は出ていません。
ただし、暑いところにいると末梢血管が拡張して出血量が多くなりやすいので、鼻のあたりを冷やす意味で、涼しいところに行って末梢血管を収縮させるとよいでしょう。

幼児は、鼻を自分の手でいじって、鼻の粘膜を傷つけ、そこから鼻血を出すことが少なくありません。
ほかになにもすることがなくて、つまらないときに鼻をいじりやすいものです。
そのようなときには、外に連れ出すなどしていっしょに遊んだり、ほかのことで気がまぎれるように配慮しましょう。

同時期によく見られている質問

戻る