幼児食と食育

ごはんのときも牛乳をほしがる

牛乳が大好きで、ごはんのときも牛乳をほしがります。もともとすごく小食なので、せめて牛乳だけでもと飲ませていたのですが、このごろはまず牛乳を飲んでしまうのでおなかがいっぱいになってごはんが入らない様子です。牛乳をあげないようにすると大泣きをするし、ごはんを食べたらあげるといってもききません。ほとほと困っています。

回答者

山岡 テイ
情報教育研究所所長、日本子ども家庭総合研究所嘱託研究員

牛乳が大好きというのはいいことですが、いろいろとほかの食べ物も楽しめるほうが栄養的にも好ましいですね。
1日にコップ2杯くらいを限度に飲ませることが無理なようでしたら、思いきってしばらくの間、1リットルパックなどの大きな牛乳を冷蔵庫に置かないようにしてはいかがでしょうか。

いままで牛乳でとっていた栄養は、ヨーグルトやチーズなどほかの乳製品で補い、また同時に食事をおいしく食べられるように、間食をさせないで十分に遊ばせるなど、食事時間にはおなかがすくような工夫も必要ですね。

食が細いかどうかも個人差があります。食事量は少なくても、体重や身長などは平均値内で元気に過ごしているようであれば、あまり食べる量だけにこだわらなくてもいいでしょう。

同時期によく見られている質問

戻る