出産予定日

妊娠期間の計算に便利な基礎体温

月経不調で子どもがなかなかできず、ずっと基礎体温を測っていましたら、このたびやっと妊娠しました。この場合の妊娠週数や分娩予定日の計算法を教えてください。

回答者

宮原 忍
日本子ども家庭総合研究所客員研究員

妊娠成立時の基礎体温があると、排卵の時期がはっきりしますので、妊娠期間の計算がかなり正確にできます。
基礎体温が低温相から高温相に移るのは、排卵によってできた黄体がホルモンを出して体温を上昇させるためですから、低温相の直前が排卵ということになります。
排卵にあたるときに、体温の一時的な下降がある場合は、容易に判定できます。
排卵が推定できれば、その日を妊娠日と仮定して(実際には受精は排卵よりあとですが)、計算すればよいのです。オギノ学説では、次回月経の12~16日(14±2日)前に排卵があると推定されるので、28日型では最終月経の第1日目はその14日前になります。

奇妙に思われるかもしれませんが、実はふつうにいう妊娠期間は排卵前の2週間を数えこんでいるので、実際の妊娠期間とはずれがあるのです。
受精後の日数は、胎齢という言葉であらわします。
わかりにくい場合も、診断の参考になるので、診察の際、基礎体温表は持参してください。

同時期によく見られている質問

戻る