からだとこころを育む

英語の早期教育はプラスか

これからは国際化の時代だし、小学校から英語が入ってくるという話も聞き、ぜひとも英語に幼いうちから親しませたいと思っております。しかしあまり早いうちから始めるのも弊害がありますか。

回答者

堤 道子
愛育病院心理福祉室心理相談員

英語教育に関しては、早くから習ったほうが無理なく発音できるという意見もあれば、日本語もじょうずに話せないうちに習うのは無理という意見もありますが、どちらも、一面をついているように思われます。

たとえば、パパの仕事の都合で海外で幼児期を過ごす子どもたちの多くは、その両親よりも早く外国語をマスターすることもあるようですが、そういった子どもたちも帰国後、単語や構文はすぐに忘れることがあっても、発音の正しさはかなり長い間、折に触れてよみがえってくるということをよく聞きます。
子どもは言葉を覚えるのも早いですが、忘れるのも早いもの。
小さいうちから英語を習わせても、それを継続しなければすぐに忘れてしまいます。
ですから、“いつ始めるか”ということより、“いつまで継続できるか”ということのほうが大切かもしれません。
子どもがお話し好きで、子ども自身に習ってみたいという気持ちがあり、家庭のほうでも英語を続けさせる環境が整ったときがよいでしょう。

私たちは言葉で考え、言葉を通して社会のこと、自然のこと、さまざまなことを学習をします。
幼児期は言葉を覚える時期であると同時に、考える力を育てる時期でもあるので、子どもによっては無理に2か国語を使用することで、発達が阻害される場合もあるようです。
そういう意味では、幼児期の英語教育では音の聞き分けと発音に限り、ほかはしっかりと母国語を学習してからにするというのでもいいでしょう。

同時期によく見られている質問

戻る