からだとこころを育む

子どものよい面を伸ばしたい

親の考えを押しつけるのではなくて、この子の持つよい面をできる限り伸ばしてやるような子育てをしたいと願っています。どのように子どもと接したらいいでしょうか。

回答者

庄司 順一
元青山学院大学文学部教授、日本子ども家庭総合研究所福祉臨床担当部長

安藤 朗子
日本子ども家庭総合研究所母子保健研究部主任研究員

たしかに親の考えを押しつけるのではなく、子どもの持つよい面を伸ばしたいものです。
そのためには、子どもを一人の人間として尊重することが大事です。
望ましくないのは、親の考えを一方的に押しつけることです。
子どもが発達していくには時間がかかること、ときには失敗することもあること、こうしたことを踏まえて少し余裕を持って接することができればいいと思います。

しかし、親は子どもに、「よい子に育ってほしい」「思いやりのある子になってほしい」「自分の考えで行動できるようになってほしい」など、さまざまな期待を持つものです。
このような期待を持つのが当然です。
しかし、子どもは親の所有物ではありませんし、それぞれに個性もあります。
親の思いどおりに育つものでもありませんし、親の思いを押しつけるのは不適切です。
そうしないためには、いまはお忙しいかもしれませんが、そのうちにあなたご自身が充実して過ごせる活動をすることではないでしょうか。

同時期によく見られている質問

戻る