からだとこころを育む

よい子とは

「個性的」というのは、いわゆる「枠からはみ出た子」というようなニュアンスで使われるような気がします。「よい子」とは個性のない子のことを指すのでしょうか。

回答者

庄司 順一
元青山学院大学文学部教授、日本子ども家庭総合研究所福祉臨床担当部長

安藤 朗子
日本子ども家庭総合研究所母子保健研究部主任研究員

「個性的」という言葉はたしかに「枠からはみ出た子」というニュアンスで使われることが多いですね。
でも、それは本来の「個性」「個性的」という意味とは違います。
個性とは、唯一無二の存在、そしてその特徴ということです。
ほかの子どもと比べて、というのではなく、「この子」そのものを尊重する考え方です。
わが国では、「和」を尊び、みんないっしょにということが重視されがちです。
「みんな同じ」という枠からはずれることはよいことではないと考えられ、しかしあからさまにいうのを避けて「個性的」と表現されるのです。
しかし、「個性的」という言葉は、本来、他と比べてという意味を含まないのです。
一人ひとりを大切にしたいものです。

さて、「よい子」とは決して「みんなと同じ」行動や考え方をする子どもではありません。
「よい子」とはむしろ個性的な子ども、自分なりの考え方、感じ方を持っている子どもといえるのではないでしょうか。

同時期によく見られている質問

戻る