幼児食と食育

むし歯を防ぐ食事・間食の与え方

子どものむし歯予防はおやつ(間食)の与え方が重要だと聞きますが、具体的にはどのようなことに注意したらよいでしょうか。

回答者

赤坂 守人
日本大学名誉教授

とくに3歳以降のむし歯の発生は砂糖を含む食事・間食の与え方・食べ方が影響します。
とくに以下の条件がむし歯を増やします。

①砂糖を含む食品を食事時に食べるより、間食・おやつで食べること、
②砂糖を含む間食類を1回に少量でも、頻回にだらだら不規則に食べること、
③歯に付着するような粘着性の高い間食類をとること、
④就寝前に砂糖を含む飲み物、間食類を食べること、などです。

幼児のときから間食を規則的にとり、食後歯をみがくという規則的な生活習慣を身につけることが、自然とむし歯を予防することになり、また子どもの健康な心とからだを育みます。

同時期によく見られている質問

戻る