からだとこころを育む

内弁慶

家ではすごいおしゃべりで閉口しています。ところが幼稚園の授業参観に行ったら、先生が発言をうながしても、なにもいいません。大丈夫でしょうか。

回答者

安藤 朗子
日本子ども家庭総合研究所母子保健研究部主任研究所員

子どもにとって授業参観日は、日常の幼稚園生活場面と異なるため、非常に緊張したり、逆にはしゃいでしまったりと、ふだんの様子とはずいぶん違いが見られることがよくあるものです。
したがって、お子さんが、ふだんの幼稚園生活ではどのように過ごしているかを先生に伺ってみるとよいでしょう。
ふだんは、先生やお友だちとふつうにお話ができるようであれば、心配しなくてもよいと思います。
叱ったりせずに、少しずつ人前でもお話ができるように励ましてあげましょう。

もしも幼稚園生活の中でまったくお話ができないという場合には、場面緘黙(ばめんかんもく)という状態が考えられます。
たとえば、家の中ではおしゃべりなのに、幼稚園や学校というような特定の場所でまったくお話ができない状態です。
非常に怖がりだったり、新しい場や人に慣れにくかったり、というような性格的な特徴や心理的要因が絡んで起こることが多いといわれています。
このような場合は、保健センター・保健所や相談機関などの専門家に相談することをおすすめします。

同時期によく見られている質問

戻る