しつけのポイント

うそをつく

園服のポケットに幼稚園のブロックが2、3個入っていました。自分で持ってきたのに「○○ちゃんが入れた」とうそをつきます。こういうときは、どう対処すべきでしょう。

回答者

川井 尚
元愛育病院心理福祉室長

うそは子どもも大人もつくものです。
私自身もうそをついたことがありますし、うそをついたことのない人はいないでしょう。
質問紙法の心理検査にうそ尺度が入れてあり、当然うそでいいのに、そうでなく答える人はこの検査にきちんと答えていないことがかえってわかるのです。
生き、生活していくうえでうそはつきものとまず考えましょう。

そのうえで、なぜお子さんがうそをいつもつかなくてはならないか、ここがポイントです。
たとえば、いけないこと、悪いことをしたときの叱り方はどうでしょうか。
そのようなとき、しっかり、きちんと叱っていいのですが、お子さんを逃げ場なく追いつめ、自尊心を傷つけ、否定し、拒絶するような叱り方を続けていると、うそにうそを重ねざるを得なくなります。
その行為を叱るのであって、その子そのものの存在を傷つけ、否定してはいけないのです。

同時期によく見られている質問

戻る