気がかりな症状と病気(感染症編)

風疹

女の子にとっては、風疹は子どものうちにかかっておかないとたいへんと聞きましたが、男の子はとくにワクチンを受けなくてもよいですか。かかっても3日くらいで治ると聞きましたが。

回答者

横谷 進
国立成育医療研究センター生体防御系内科部部長

はじめに風疹についてです。
風疹はふつうはさほど恐ろしい病気ではありませんが、妊娠初期に母親がかかった場合には胎児に先天性風疹症候群が起こることがあり、これは重大な問題になります。
先天性風疹症候群を防ぐには、社会全体で風疹の流行を減らすために、男女を問わずに予防接種を受けて多くの国民が風疹に対する抗体を持っているようにすることです。

男子へのワクチンの接種は、社会全体で妊婦さんと胎児を守ること、その責任を女子だけでなく男子も負うことが大切ですので、ぜひ必要です。

もちろん本人も風疹で学校や大事な行事を休んだりしなくてすむようになります。

麻疹・風疹(MR)ワクチンは1期1回(1歳)と2期1回(小学校入学前1年間)が定期接種に指定されています。
これにより、麻疹と風疹のどちらに対しても成人後まで継続する免疫力を獲得できると期待できるので、男女を問わず全員が定期スケジュールに従って、予防接種を受けていただきたいと思います。

同時期によく見られている質問

戻る