トラブル

低置胎盤とは?

妊娠7カ月です。妊婦健診で低置胎盤と言われ、出産がとても不安です。低置胎盤とはどういう状態で、どのようなリスクがあるのでしょうか?

回答者

今井理恵
港町診療所、日本産科婦人科学会専門医

胎盤はママから赤ちゃんに酸素や栄養、血液などを送る大切な役割を担っています。通常、胎盤は子宮の奥のほう(ママの体から見るとおなかの上のほう)に付いていますが、子宮口の近くについてしまったり、子宮口を覆ってしまったりすることがあります。

その中でも、胎盤が通常より低い位置にある(超音波検査所見において、子宮口とそれに最も近い胎盤辺縁との距離が2cm以内)ものの、子宮口には達していない状態を低置胎盤といいます。妊娠週数が経過して子宮が大きくなるにつれ胎盤が上がっていき、出産前に正常な位置になる場合もよくあるので、健診で低置胎盤と言われても心配しすぎないようにしましょう。

ただし、胎盤が上がらないまま出産を迎えると、出産時に大量出血を起こすリスクがあります。状態によっては安全面を優先して帝王切開が選択される場合もあるので、その際は医師とよく相談した上で出産方法を決めるようにします。
また、通常の胎盤位置の妊娠に比べて出血しやすい傾向があるので、出血が見られたらすぐに医療機関へ連絡して、医師の指示に従いましょう。

同時期によく見られている質問

戻る